読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学の本を読もう! その3

こんにちは。

12月のチャレンジ課題「数学の本を読もう!」3冊目です。

 

タイトル:博士の愛した数式

著者:小川洋子

出版:新潮社

 

 

・あらすじ

記憶が80分しかもたない博士。

博士のお世話をするために派遣された家政婦の語り手。

語り手の息子の√。

 

3人のいくつかの日。

2人の頭の中には残り1人には残らない。

それでも存在したいくつかの日。

 

・感想

タイトルを知っている方は多いのではないでしょうか。

もしかしたら映画を観た方も。

 

記憶が残らないということ。

それについて悩んだ記憶も残らないということ。

切ないという言葉では割り切れないですね。。

 

・思ったこと

 

忘れるということ。

 

ひとりでに思い出すまでは忘れていたことに気づけない。

誰かに教えてもらうまでは忘れていたことに気づけない。

 

自分も他の人も忘れてしまったとき。

それは二度と戻らない。

消えてしまうのだ。

 

いくつも消えてしまったものはある。

 

自分のものでも。

君のものでも。

世界のものでも。

 

自分の思ったことがいつか消えてしまう。

存在しなくなってしまう。

 

誰かに覚えていてほしい。

誰かのおかげで消えないもの。