読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学の本を読もう! おためし

読んだ本をさっそく紹介。

これは11月から読んでいたのでノーカウントで。

 

タイトル:はじめての整数論

著者:村上雅人

出版社:海鳴社

 

・あらすじ

数学とは無縁であった主人公が整数論を学ぶお話。

最終的にリュカテスト(素数判別法のひとつ)を証明する。

 

・感想

ストーリー仕立てになっていて読みやすい。

整数論についてまったく知識はなかったが、最後まで読むことは出来た。

証明はところどころ厳密さを省いて、読みやすさを重視している印象。
これを読んで数学を厳密に学ぶぞ!というよりは整数論ってこんなことやっているんだーくらいの知識を求める人向け。
自分は、整数論・数論についてもう一冊なにか読んでみたいなと思った。

 

 

・思ったこと


数論は、何世紀ものあいだ考えられている。

 

新しい道を見つけて。

あたらしい道具を見つけて。


はたしてどこに向かっているのだろう。

 

数論は何を目指しているのだろう。

 

そんなことを思いました。