読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コーチング入門」を読んだ!

さいきんは1日にたんぱく質を130g以上摂ることにこだわっています。

今までとはぜんぜん違った食事メニューを食べることになるのですが、そんなに悪くはないです。

 

 

さて。

「チャレンジ課題の仕組みを整えよう」の一環として、本を読んでみました。

 

日経文庫から出ている「コーチング入門」です。

 

コーチング。

自分を目的地まで運ぶ方法。

まさに自分がいま欲しいスキルにぴったりなのでは!

 

読んでいて反省したことは2つ。

 

  • 問いかたが甘い

 

  • なんでできないんだろう?
  • こうなってしまった原因をあげよう!

 

なにかに失敗した際に沸き上がる疑問。

両者は同じようでなにかが違う。

 

本では「対象が人か物か」ということが書かれていました。

 

ぼくは【次の一手が導かれやすいかどうか】が一番の違いかなと思いました。

 

なんでできないんだろう?

これに対する最適解は、「これが原因だったから」なのは当然の帰結なのですが、このシフトにはエネルギーが必要。

 

疲れているとシフトできないかもしれない。

さらに悪いことにシフトできなかった際は嫌な気持ちが残る。

ただでさえ疲れているのに!!

 

原因をあげよう!から「これが原因だ」とシフトすることもまた当然の帰結。

そういう意味では上と同じに見えますが、移動エネルギーが断然違う。

急に記憶を失う、みたいなよほどのことがない限り、このシフトは可能だと思います。

 

「手順と必要エネルギーを省く」ということが肝みたいです。

 

これが出来れば「思考停止状態」に陥るまでの距離を稼げる。

いままでより遠くへ行ける。

途中で止まる可能性が減る。

 

「第一の設定」には関与できませんが、そこからの歩き方にはいかせるんじゃないかなと思います。

 

そして、「第一の設定」は次にあげる反省がいきるのではないかなと思っています。

 

  • resourceを活用できていない

コーチングの流れとしてGROWモデルというものがあるのですが、resourceはその中のひとつです。

 

resourceつまり資源。

 

ひと、もの、かね、じかん、じょうほう。

 

この中で自分が特に使えていないものは、じょうほうです。

 

半年もチャレンジ課題をやってから、今さらコーチングの本を読み始めていることが何よりもの証拠です。。

 

これを考えた先人がいるはずだから調べてみよう。

この発想が欠けているんですよね。

 

まあとりあえずやってみよう。

これは一見、好戦的で勇敢に思えます(自分はそう思っていました)。

 

でもね。

 

ただ頑張っていることだけじゃ満足できないんです。。

 

べつに楽をしたいわけではないんです。

 

ただ。もっと先へ行きたいんです。

 

気の良い先人たちが残してくれた宝物。

それを使わないでどうする!!

 

そんなことを思いました。

 

 

 

なんで自分は今までこういう本を読まなかったのだろう。。

 

あ!

これはさっき反省したばかりの「問いかたが甘い」のやつです!

 

次の一手に繋がりにくい!

 

こういった本を読むことは役に立ちそうなので、とりあえずもう一冊読んでみよう!!

 

これでいいんです。

これがいいんです。

 

 

ばいばい。

チャレンジ課題失敗と今後

こんにちは。

5/1ぶりの投稿です。 

 

うーん。

5月のチャレンジ課題はうまくいきませんでした。

どうしてうまくいかなかったんだろう??

  • やたら時間がかかる
  • 実はそれほど得たいスキルではなかった
  • 獲得によるメリットが良くわからなかった

 

こんなかんじです。

実は今年の2月にもチャレンジ失敗しているんですよね。。 

 

根性があればなんとかなる。

根気があればうまくゆく。

 

そんな風に思っていたのですが、それも事実の一面なのかもしれませんが、どうやらかなりあやふやなやり方みたいです。

少なくとも自分にとっては。

 

うまくできないときは仕組みに疑問を持とう。

 

僕という人間の能力に疑問を持つことも確かに大事ですが、それだけだとやはり辛い。

 

目隠しで100mダッシュ出来るようになるのはすごいかもしれないけど、目隠しをはずす方法を考えたほうが楽。

 

何が言いたいかというと、やり方をうまく調整してやれば、労力を下げることが出来る。

モチベーションの下降を支えることが出来る。

かも。

ということです。

 

いったんチャレンジ課題はお休みにして、どういう課題設定をすればうまく行くか、そのことについて考えてみたいなと思いました。

 

 

なので5月のチャレンジ課題を終わり!

 

急がば回れ

 

惰性で続けないことがあるいみ厳しさ!

 

まずは先人の知恵に頼ってみます。

「やり方」「戦略」に関する本を読んでみようと思います。

 

はっ(゜ロ゜)

これも1つのチャレンジ課題なのでは??

 

「チャレンジ課題の仕組みを整えよう」

 

結局そういうチャレンジ課題に取り組むだけなのかもしれませんね。

 

だらだらしないためにも期限くらいは決めておきますか。

 

この課題は2017/06/14まで。

その日が僕の誕生日なので自分への誕生日プレゼントにしようと思います。

 

RADWIMPSの「叫べ」みたいですね。

 

せっかくなので読んだ本の感想は書いていきます。

あと、そこで学んだことをチャレンジ課題にどのようにいかせるかも。

 

ぐぐっ!

なんだかやる気が出てきました!

 

それでは、未来の僕のために頑張りましょう。

マンガのイラストをかこう!その1

5月のチャレンジ課題です。

 

第1段。

銀魂坂田銀時

 

選んだ理由はさいきん見ている唯一のアニメが銀魂だからです。

 



f:id:nozomi-hayashi:20170501230758j:image

 

 

めっちゃ久しぶりにイラストを描きました。

半年ぶり?

その前は3年前くらい?

 

シャーペンで輪郭やバランスをとって、ボールペンと鉛筆で仕上げています。

これがいまの実力かなって感じです。

 

眼のバランスは、顔の輪郭は永遠の課題。

5月中に眼のバランスを取るくらいは出来るようになりたいですね。

 

 

 

では!

5月のチャレンジ課題

こんばんは。

ひとによってはGWな今日ですね♪

 

5月が始まりました。

今月のチャレンジ課題を決めちゃいましょう。

 

かねてから思っていたことがひとつあって。

把握ってなんだろう?

 

 

「メロディーが分かるっていうのはその旋律を移動ドに変換できることだよ」

 

って知り合いの人に言われたことがあって。

 

 

旋律を音という要素に分解し、それぞれを移動ドという単位で表記する。

 

これって結構大事だなと思ったんです。

同時に、できていないジャンルがたくさんあるなーとも。

 

文字の把握は比較的なれていますよね。

 

でも音だったら?

景色だったら?

会話だったら?

 

なんでも良いのですが、それらをきちんと把握するには。

 

要素への分解と各要素への精通。

 

口でいうのは簡単ですが、僕はそれが肝だと思っています。

 

 

さて。

ここでようやく5月のチャレンジ課題。

 

要素のひとつに触れてみます。

それは絵。

 

具体的に。

「マンガキャラのイラストを描こう」

 

なぜマンガかというと、マンガが好きだから。

それなら1ヶ月続けられそうだから。

そんな理由です。

 

1日1枚イラストを描いてブログにあげる。

 

これで絵という要素に触れてみます。

 

触れられたらそれでオッケー。

 

だいぶゆるいチャレンジ課題かもしれませんが、そんな感じでやってみましょう。

 

では!

からだを柔らかくする!まとめ

4月のチャレンジ課題は「からだを柔らかくする」でした。

 

・股関節のストレッチ

長座体前屈

開脚前屈

 

の3点についてどの程度柔らかくなったかを週に1回報告していました。

 

結果報告と考察をそれぞれ書きます。

 

ーーーーー結果報告ーーーーー

 

初回を(1)、2回目を(2)と表記します。

今回は(5)です。

 

・股関節のストレッチ

(1)

両膝が地面につく。

足の爪先と頭の間にこぶしが縦一つぶん。

 

(2)

 1回目の角度を無理なく再現できる。

かといってそれ以上柔らかくなったわけでもない。

 

(3)

足の爪先と胸の間が縦のこぶしひとつぶん。

 

(4)

ほぼかわらず。

まだ胸が足にはつかず。

 

(5)

へそとかかとのあいだが横こぶし1つぶん。

 

長座体前屈

(1)

両足の母指球に両手首付け根がつく。

 

(2)

一瞬であればあたまがつく。

 

(3)

頭が3秒程度つく。

おしりの筋肉がのばされているような感覚がでてきた。

 

(4)

むしろ固くなった気がする。

ただ弾力?を感じるようになった。

 

(5)

へそと太ももはてのひら1枚ぶん。

胸とふとももは縦こぶし1つぶん。

 

開脚前屈

(1)

地面と膝の間にこぶし縦一つぶん。

 

(2)

 ひじが3秒以上つくようになった。

 

(3)

先週と変わらず。

ただ足を開く角度がかなり大きくなった

150度くらい?

これ以上広がる気はしないが。。

 

(4)

先週とおなじくらい。

だいぶ楽に出来るようになった気がする。

 

(5)

スクワットとデッドリフトの筋肉痛?のせいかまともにからだが倒せない。。

言い訳です。

ごめんなさい。

 

それでも一瞬はひじつくくらいです。。

 

ーーーーー考察ーーーーー

 

気づいたことは4つ。

 

  1. ストレッチは基本3セット
  2. 骨盤をたてる
  3. へそを近づける
  4. 適切な強度で

 

それぞれにひとこと。

 

  • ストレッチは基本3セット

 

1セット目は準備体操。かるくかるく。

2セット目は少しだけ深く。まだまだかるく。

3セット目はもう少しだけ。きもちいいくらいで。

これくらいの気持ちでいると毎日続けられます笑

 

  • 骨盤をたてる

 

骨盤を前傾させないと話にならない。ってくらい大事です。

4週目に骨盤を前傾させることに気づきました。

 

  • へそを近づける

 

手が○○についた!

頭が○○についた!

 

その類いの評価は、それを求めるがあまりに腰を丸めてしまいます。

それは言ってしまえば、見栄を張っているだけ。

へそを意識して腰を丸めないこともとても大事!

 

  • 適切な強度で

 

昨日より柔らかくなりたい。

そう思うあまりに筋がめちゃくちゃ痛くなるまで頑張ってしまう。

精一杯やったとその日は満足。

 

でも。

1週間たっても結果がぜんぜん変わらない。

むしろ固くなっている。。

 

3〜4週目の1週間はその罠にかかってしまいました。

 

たいした知識はないのですが、筋肉は無理やり伸ばすとむしろ固くなってしまうみたいです。。

痛キモチイイ、効果を見込める強度を自分で見つけることも大事みたいです。

 

以上!

 

ーーーーー余談ーーーーー

 

あ、+1チャレンジ「毎日ブログを更新する」はやはり達成できず。

 

「アイドルソングをオタクが語る」シリーズを始めたのは良かったかなと思っています。

少なくとも書いている自分は楽しいです笑

 

 

5月もチャレンジ課題に取り組みます。

それはまた次の記事で!

 

自分は何から出来ている

 

ガッカリすることはない

何もやってないんだから

あわてることはない

何もやってないんだから

 

やったぶんだけ変わる

やらないぶんは変わらない

とてもシンプルな仕組み

ごまかしのない現実

 

やろうと思ったことは

やるまでは効果はない

思っているだけでは

思ったよりよくならない

 

僕らは何から出来ている

自分でやったぶんから出来ている

人は全く関係ない

ずるなんてどこにもない

乃木坂46「制服のマネキン」をオタクが語る

久しぶりにランニングマシーンで走りました。

室内のランニングマシーンで走っていると、景色がおんなじなので余計な情報が入ってこず、いつもより無心になれるような気がします。

 

無心っていいですよね♪  

 

ーーーーー(本編)ーーーーー

 

こんばんは。

 

今回は「制服のマネキン」です。

乃木坂46についてまだよく知らなかった頃も、この曲は知っていました。

勝手に代表曲だと思っています。

 

 

制服のマネキン

乃木坂46の4thシングル。

2012年12月19日に発売。

 

 

○歌詞について

 

[電車が過ぎる高架線]

[河川敷の野球場で]

 

場所は学校ではなさそう。

いままでのシングル曲との違いですね。

 

[君が何かを言いかけて]

[動く唇読んでみたけど yesかnoか?]

 

何かの質問に答えようとする君。

 

何かを言いかけて。

からは君の戸惑いが。

 

クローズクエスチョン。

からは強い問いを感じますね。

 

[ボールを打った金属音]

 

静寂を表している。

 

[黙りこんだ 僕らのもとへ 飛んでくればいい]

 

変化?何かのきっかけを欲しているのでしょうか。

 

[踏み出してみなけりゃ なにも始まらない]

 

やらなければ何も始まらない。。

 

[頭のなかで答えを出すな]

 

考えではない。

やって示せ。

 

ここまで。

 

僕は君に何かを強く問いかけている。

君は決心ができない。

僕は言う。

頭のなかで答えを出すな。 

行動で示せ。と。

 

 

[恋をするのはいけないことか?]

 

上にあった問いかけは恋についてみたいですね。

ただ、この恋。 

ふつうの恋愛とは違いそう。

 

[若すぎる それだけで 大人に邪魔をさせない]

 

子ども(自分たち)と大人(環境、強い力)の対比。 

 

[君の気持ちは分かってる]

 

あとはそれを口にするだけ。

行動をするだけ。

 

[感情を隠したら 制服を着たマネキンだ]

 

マネキンは感情がない。

少なくとも見えない。

見えないものは、存在していない?

 

制服は若さの象徴。

学校や親という君を"囲んでいる"環境。

 

僕の恋を受け入れることは、何か大きな変化を伴うものなのかもしれませんね。

 

[卒業を待ってみたところで なにも変わらないだろう]

 

学校という"しがらみ"は意思には関係ない。

 

[今しかできない チョイスもあるさ]

 

今この時しかできないこと。

 

[どんな自分を守ってるのか?]

 

その守っている自分は誰が作った自分?

 

[穢れなきものなんて 大人が求める幻想]

 

空想と現実。

君は現実だろ?

 

[その意思はどこにある? 制服を着たマネキンよ]

 

今の君はマネキンだ。

意思を持たなければ。

意思を見せなければ。

 

[できないんじゃない やってないだけさ]

[僕は何度も誘う 生まれ変わるのは君だ]

 

君がやるんだ。

 

何が起きていないとき。

それは出来ないかやっていないかのどちらか。

 

……。

 

本当にそうでしょうか?

ここで少し考えてみましょう。

 

そもそも気づいてない。

やり方がわからない。

 

というパターンもありますよね。

 

そもそも気づいていない可能性は実は潰されています。  

 

僕は何度も誘っているのだから。

それに[君の気持ちは分かってる]という言葉からも相手が自覚していることはわかりますね。

 

では、やり方がわからない可能性は?

 

[一歩目を踏み出してみなけりゃ]

 

とは言ってもどうすればいいの?

 

君もおそらくそう問いかけたと思います。

意思をもて!

と繰り返し言っているけど具体的手法には今のところ触れられていません。

 

が。

 

もちろんこの先にあるんです。

 

[僕に任せろ]

 

意思さえ持てば、あとは僕に任せれば良い。

yesという君の本当の意思を伝えさえすれば。

制服を着たマネキンをやめれば。

 

 

最後にひとつ考えないといけないことは。

 

君と僕の関係。

 

君と僕は愛し合っている。

その愛は代償の大きいもの。

君はおそらく学生。

親や学校に"縛られて"いる。

 

僕は?

 

僕がどういう立ち位置にいるのかははっきりは書かれていません。

 

この先は憶測です。

 

 

歌われている場面が。

放課後の教室ではない。

昼休みの屋上でもない。

校庭でも体育館でもない。

 

学校ではない。

 

ここに鍵があるのではないでしょうか?

 

そして制服のマネキンというタイトル。

わざわざ制服をつける理由は?

 

上では若さと"囲われている"環境と書きましたが。

 

僕と君の対比という可能性もありませんか?

 

 

 [自販機の缶コーヒー 君の手にあげる]

 

あげるという立場。

 

[僕に任せろ]

 

これだけ強い言葉が強がりではないとしたら?

本当に任せればなんとかなる力を持っているとしたら?

 

僕は少なくとも学生ではない。

年上、もしくは先に社会に出た同輩。

 

学生よりも強い存在なのではないでしょうか?

 

そして恋とは可愛いお付き合いをすることではない。

君が大人や卒業をためらいの理由とすること。

それは果たして……。

 

この先はいくつか可能性がありそうですがそれらを絞る根拠は無さそう。

 

ただひとつ言えるのは。

 

僕には。

そして制服のマネキンである(であった?)君には。

強い強い愛がある。

 

ということでしょう。

 

ーーーーー(本編終わり)ーーーーー

 

とても強い歌詞ですね。

音については今回はおやすみ。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。